全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

手舟状骨骨折について

肘部管症候群テニス肘(上腕骨外側上顆炎)肘内障上腕骨顆上骨折野球肘変形性肘関節症橈骨遠位端骨折(コレス骨折・スミス骨折)手根管症候群舟状骨骨折ドケルバン病ばね指指の屈筋腱損傷

手舟状骨骨折の原因

手舟状骨骨折とは、スポーツや交通事故などで転倒し、手関節が背屈して手をついたときによく起こる骨折です。
スポーツによる受傷が半数近くを占めており、一般的に男性に多くみられ、あらゆる年齢層に発生します。疲労骨折で発生することもあります。舟状骨は手根骨の1つで、親指に近く手関節を構成しています。小さくレントゲンで骨折線を見逃しやすいため、単なる捻挫と間違われやすいのも特徴です。手根骨骨折の中で最も頻度が多い骨折です。

手舟状骨骨折の症状

手舟状骨骨折の症状は、急性期では手首に近い親指の付け根部分に腫れと痛みがあります。腫れや痛みはあまり強くなく、レントゲン検査を受けても骨折線が見当たらない事があります。そのため、捻挫と間違われやすいのが特徴です。受傷後しばらくしても手や指を動かすと痛みが続く場合には骨折の可能性があり、解剖学的嗅ぎタバコ入れに圧痛がある場合、この骨折を疑います。様々な角度からレントゲン撮影を撮影したり、CTヤMRI検査をすることで診断がようやくつく場合があります。

手舟状骨骨折の治療方法

手舟状骨骨折の治療方法としては、保存療法と手術療法の2つがあります。早期に発見された場合や骨折のずれが少ない場合には、骨折片を整復し、シーネやギプス固定、消炎鎮痛薬の内服などの保存療法を行います。舟状骨は血行が悪く骨が癒合しにくいため、6週間以上と長期間の固定が必要となります。骨片が多数あったり、骨欠損があったり、保存療法で癒合しない場合、受傷から時間がたっている場合には、ねじで骨折部を固定したり骨を移植したりする手術が必要になります。

肘・手の症状

その他部位の症状