全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
《※受付時間 午前 11:45 / 午後 17:45》
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 25台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

上腕顆上骨折について

肘部管症候群テニス肘(上腕骨外側上顆炎)肘内障上腕骨顆上骨折野球肘変形性肘関節症橈骨遠位端骨折(コレス骨折・スミス骨折)手根管症候群舟状骨骨折ドケルバン病ばね指指の屈筋腱損傷

上腕顆上骨折の原因

上腕顆上骨折とは、小児に最も多い骨折のひとつで、肘の骨折の約6割にものぼり、上腕骨の遠位部で起こります。原因としては転んで手をついたり、鉄棒などから転落して、肘が反ることで骨折します。骨折のずれが大きいときには骨折部で正中神経、橈骨神経、尺骨神経、上腕動脈などがひっかかったり圧迫されたりして、肘から指先への麻痺や循環障害が発生することがあります。

上腕顆上骨折の症状

上腕顆上骨折の症状は、肘の腫れ、強い痛み、皮下出血、骨折部の異常な動きなどがあり、痛くて肘を動かせなくなります。骨折部の皮膚の色調は蒼白や暗青紫色になります。また、骨折片で神経や血管が損傷された場合は、手首の脈拍が弱くなり、手や指がしびれたり動かせなくなるなどの症状がでてきます。血管損傷の場合には、早急に手術が必要です。また、骨折片の大きな転位がある場合は、腫れが強く皮膚に水泡形成がみられることがあります。

上腕顆上骨折の治療方法

上腕顆上骨折の治療方法は、骨折片の転位がない場合は、ギプスやキャストによる固定を行います。約3週間程度の固定が必要です。骨折片の転位が大きく不安定な場合は、徒手整復してギプス固定か、徒手整復後に腕をつり上げる牽引療法、金属鋼線を皮膚の上から挿入して固定する経皮的鋼線固定法、手術による整復固定などがあります。固定除去後は肘関節の屈伸運動を患者自身がリハビリとして行い、関節の可動域を改善させていきます。

肘・手の症状

その他部位の症状