全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
《※受付時間 午前 11:45 / 午後 17:45》
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 25台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

手根管症候群について

肘部管症候群テニス肘(上腕骨外側上顆炎)肘内障上腕骨顆上骨折野球肘変形性肘関節症橈骨遠位端骨折(コレス骨折・スミス骨折)手根管症候群舟状骨骨折ドケルバン病ばね指指の屈筋腱損傷

手根管症候群の原因

手根管症候群とは、何らかの原因で手根管に圧力がかかり、中を通る正中神経が圧迫されて手の指に痛みやしびれが生じる病気です。妊娠・出産期や中年以降の女性に多く、怪我や骨折などの外傷、長時間の反復作業やスポーツなどで手を酷使することなどで生じます。透析でアミロイドという物質が沈着することも原因で、透析している人にも多く生じます。腫瘍や腫瘤などで手根管が圧迫されることでも生じるケースがあります。甲状腺機能亢進症、関節リウマチ、先端巨大症などの合併症として発症する例もあります。

手根管症候群の症状

手根管症候群の症状としては、初期には人差し指、中指のしびれと痛みがあります。その後、親指と薬指の中指側半分にもしびれや痛みが生じてきます。正中神経が支配していない薬指の小指側半分と小指にはしびれが生じないのが特徴です。特に、起床時や夜間、寝ている間にしびれと痛みが強くなります。この際、手を振ったり、指の曲げ伸ばし運動をすると楽になります。手根管症候群が進行すると、親指の母指球筋が萎縮してくるため親指と人差し指で丸を作れなくなり、細かい作業ができにくくなります。

手根管症候群の治療方法

手根管症候群の治療方法としては、症状が軽度の場合はシーネ固定をして手首を安静にし、ステロイド薬によるトンネル内注射を行ったり、消炎鎮痛薬やビタミン剤などの内服など保存的治療を行います。症状が重度で保存療法が効かない場合や筋肉が萎縮しているケースでは、手根管のトンネルを開いて神経の圧迫を取り除く手術が必要になります。以前は大きく皮膚切開を用いた手術法が行われていましたが、現在は内視鏡を用いた鏡視下手根管開放術や、小皮切による直視下手根管開放術が行われています。

肘・手の症状

その他部位の症状