全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症について

腰痛腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症腰椎変性すべり症腰椎分離症・分離すべり症後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症脊椎椎体圧迫骨折変形性脊椎症胸椎椎間板ヘルニア

後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症の原因

後縦靱帯骨化症は複数の要因が重なり合って発症すると考えられています。その要素としては遺伝的要素、カルシウムやビタミンDの代謝異常、糖尿病、肥満傾向、老化現象など色々な要素が原因と考えられていますが、原因の特定には至っていません、黄色靱帯骨化症の原因は不明です。黄色靭帯骨化症は後縦靭帯骨化症と合併しやすいという事実があり、胸椎と腰椎の連携する部分に負担がかかりすぎるために起こりやすいとされています。

後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症の症状

後縦靱帯骨化症は頚椎の脊髄が圧迫されると、手足がじんじんし感覚が鈍くなるしびれ感や手先の細かい動き(箸を使う事やボタンのつけはすし)ができにくくなります。また足が突っ張ってしまい、つまづきやすくなったり、階段の上り下りが困難になるなど歩行障害も現れてきます。黄色靱帯骨化症も同じような症状が現れますが、骨化してくる部分が胸椎に多いので、足の症状だけで手の症状は現れない場合あります。全く無症状で偶然検査にて見つかる場合もあります。

後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症の治療方法

後縦靭帯骨化症の治療には頚椎を固定して安静に保つ安静療法や痛みを軽減させる鎮痛剤や筋弛緩剤を服用する薬物療法などの保存療法と、症状が重い場合や痛みがひどくなる場合などは手術療法も検討されます。黄色靭帯骨化症の治療も同じように安静療法や鎮痛剤の服用をする薬物療法などの保存療法を組み合わせて経過観察を行いますが、神経症状の強い場合は手術を行います。転倒などで脊髄を損傷しやすい状況になっているので、注意が必要です。

腰・背中の症状

その他部位の症状