全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
《※受付時間 午前 11:45 / 午後 17:45》
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 25台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

腰椎変性すべり症について

腰痛腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症腰椎変性すべり症腰椎分離症・分離すべり症後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症脊椎椎体圧迫骨折変形性脊椎症胸椎椎間板ヘルニア

腰椎変性すべり症の原因

腰椎変性すべり症の原因は椎間板ヘルニアと似ており、椎間板の老化により弱った背骨に負担がかかりすぎることにより骨の一部がずれてしまい、腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなって神経が圧迫されて症状がでます。長時間、腰全体に負担がかかる姿勢をしたり、不安定な姿勢、かかとの高い靴の履きすぎやしりもちなどによる外傷、体重増加や肥満、筋力の低下により腰を支えられなくなるなどの要因により腰椎がずれてずれた腰椎が神経を圧迫することになります。

腰椎変性すべり症の症状

腰椎変性すべり症は身体の動きに合わせて腰椎がすべるような動きをするため、初期症状は腰痛で、腰を反ると痛みが増します。腰痛の状態が比較的長く続き、ぎっくり腰を起こす人もいます。慢性的な痛みや足のしびれや痛み、そして歩いているうちに強い痛みで歩けなくなってしまったり、しびれが強まったりします。その他にもお尻のしびれ、足の親指に力が入らなくなったり、足の筋肉が衰えてしまったりする人もいます。中年以降の女性に多く見られる病気です。

腰椎変性すべり症の治療方法

腰椎変性すべり症の治療は症状の度合いに合わせて鎮痛剤や筋弛緩剤などの痛み止めの服用や、コルセットを巻き腰に負担をかけないようにするといった保存療法で治療していきます。この治療の他、自宅でできるセルフケアとして腰に負担をかけないように重いものは持たない。急に腰を動かさない。中腰にならない。痛みが引いたら少しずつストレッチを取り入れ体をほぐしたり、運動を取り入れていきます。このセルフケアと保存療法で痛みがひかない場合は手術も検討されます。

腰・背中の症状

その他部位の症状