全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

腰椎椎間板ヘルニアについて

腰痛腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症腰椎変性すべり症腰椎分離症・分離すべり症後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症脊椎椎体圧迫骨折変形性脊椎症胸椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの原因

椎間板は髄核と線維輪でできており背骨をつないでクッションの役割をしています。その一部分が出てきて神経を圧迫することにより症状が現れます。その原因としては、様々な要素が影響して発症します。それは、遺伝的要素や骨の老化、姿勢が悪いことによる椎間板への負荷、椎間板の老化、重労働、喫煙、重いものを持ち上げる、体をひねる、長時間の座った仕事や車の運転など悪い姿勢での動作や作業などがヘルニアが起こりやすい原因の一つになります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアは腰痛に伴いおしりから太ももの外側、足のふくらはぎの裏から外側にかけて痛みやしびれを感じるようになります。この痛みは夜も眠れないほどの激痛や、じんじん痛むものなど個人差があります。その他の症状として歩行に支障がでたり、立っていることが辛いもしくは立つことができなくなる、太ももやふくらはぎなどに重さや冷たさを感じる、足首が思うように動かせなくなる、下肢の筋肉が痩せてきているなどの症状が現れます。

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、患部を動かさないでコルセットで固定して安静にする安静治療や、マッサージやハリ治療で血行を良くして痛みを軽減させる理学療法、そして消炎鎮痛剤などの飲み薬を服用する投薬治療、痛みの原因となっている部分に直接注射をする神経ブロックなどの保存療法が行われます。この治療を行なっても症状が改善しない場合や、排尿・排便障害の出現、そして運動麻痺が進行する場合はヘルニアの切開手術の方法が取られます。

腰・背中の症状

その他部位の症状