全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

腰椎分離症・分離すべり症について

腰痛腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症腰椎変性すべり症腰椎分離症・分離すべり症後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症脊椎椎体圧迫骨折変形性脊椎症胸椎椎間板ヘルニア

腰椎分離症・分離すべり症の原因

分離症の原因は生まれつきの先天性のものと、運動などで繰り返し負荷がかかることが原因の後天性のものがあります。多くは骨を形成する成長期に腰に負担のかかる運動を行うことによって疲労骨折が繰り返されるため症状となって現れます。10代に分離症を発症し、それが徐々に分離すべり症に進行していく場合があります。また、運動前のストレッチや準備運動不足で、筋肉をほぐさない状態での運動が腰椎分離すべり症を引き起こす原因となってしまいます。

腰椎分離症・分離すべり症の症状

分離自体は無症状が多いのですが、激しい運動やスポーツで腰に負担がかりすぎると重大な支障を及ぼす病気です。腰痛分離症の症状は鈍い痛みの腰痛で長時間同じ姿勢を続けると痛みが強くなります。また、腰を後ろに反らせると痛みを感じたり、長時間立っていると腰が辛くなります。しかしこの症状が必ず出るわけではなく、自覚症状がなく運動を続けている人もいます。分離すべり症では、歩くことにより神経が刺激されしびれや下肢に痛みがでたり、腎部痛などの症状が増し、歩行障害を訴える方もいらっしゃいます。

腰椎分離症・分離すべり症の治療方法

腰痛分離すべり症・分離すべり症の治療は、コルセットなどで患部を固定して安静にする安静療法、患部を温め血行を改善し痛みを軽減させる温熱療法、そして痛みに直接注射をし、血行を改善する神経ブロック注射、適度なストレッチで筋肉のこりや血行を改善するストレッチなどの保存療法を行います。この治療を行うことによって自然治癒力を引き出すため経過観察を行いますが、症状が改善しない場合や、痛みがひどくなる場合などは手術療法も検討されます。

腰・背中の症状

その他部位の症状