全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
《※受付時間 午前 11:45 / 午後 17:45》
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 25台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

成人期扁平足について

足関節捻挫足関節果部骨折(脱臼骨折)アキレス腱断裂O脚・X脚腓骨神経麻痺肉離れ外反母趾扁平足

成人期扁平足の原因

成人期扁平足とは、成人になっても土踏まずがない足のことをいいます。幼児の頃は足裏に脂肪がついているため、土踏まずがない子供が一般的です。しかし、土踏まずが形成される8歳以降になっても土踏まずがない場合、扁平足とよばれ、女性に多くみられます。成人期扁平足の原因としては、遺伝性の他、加齢や肥満、糖尿病、関節リウマチなどにより後脛骨筋機能不全が起こり、足のアーチ構造が低下するために発生すると考えられています。

成人期扁平足の症状

成人期扁平足の症状としては、内側のくるぶしの下が腫れて痛みを感じます。病態の初期は足の扁平化はあまり目立ちませんが、徐々に変形が目立ち始めます、立ったときに足内側のアーチが下がり、後ろから見るとかかと部分がふくらはぎに対して外反します。足の前方は、かかとに対して外転しています。病態が進行するにつれ、外くるぶしや足の裏も痛むようになります。また、つま先立ちができなくなり、やがて足が硬くなって歩行が困難になっていきます。

成人期扁平足の治療方法

成人性扁平足の治療方法としては、大きく分けて保存療法と手術療法に分けられます。軽症の段階であれば足の形に合った靴やアーチ構造をサポートする中敷きをいれた靴を履くなどの保存療法で改善します。また、足指のグー・チョキ・パー体操を行うことで、足アーチ構造を支える筋肉を鍛え、進行を予防していきます。後脛骨筋の腱が断裂している場合や痛みが強い場合は、長趾屈筋腱移行術、踵骨隆起内側移動術、踵立方関節延長固定術、遠位脛骨斜め骨切り術などの手術療法が行われます。

足の症状

その他部位の症状