全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

足関節捻挫について

足関節捻挫足関節果部骨折(脱臼骨折)アキレス腱断裂O脚・X脚腓骨神経麻痺肉離れ外反母趾扁平足

足関節捻挫の原因

足関節捻挫とは、足関節の可動域を超えた為に靭帯が損傷される障害です。多くは外くるぶしから距骨につく前距腓靭帯を痛め、さらに進むと踵腓靭帯を痛めます。原因としては、足を底屈して内側にひねった状態で、足の甲の外側に体重をかけて発生することが大多数を占めます。発生場所はスポーツの他に、段差などでつまずいて起こる場合があります。靭帯の損傷程度によって3つに分類されており、靭帯が伸びる程度の損傷を1度捻挫、靭帯の部分断裂を2度捻挫、靭帯の完全断裂を3度捻挫とされています。

足関節捻挫の症状

足関節捻挫の症状は、外くるぶしの前や下に痛みがあり、足関節全体が腫れてきます。靭帯の損傷程度により、症状に差があります。
(1)第1度:腫れや軽い痛みがあるが、足関節の可動制限はない。
(2)第2度:足関節の腫れ、痛みが非常に強く、血腫を生じる場合がある。足関節の不安定性はわずかである。
(3)第3度:受傷後の痛みと腫れが強く、外くるぶしだけでなく内くるぶしにも痛みが出現することがある。足関節は明らかに不安定になり、動作困難となる。

足関節捻挫の治療方法

足関節捻挫の治療方法は、程度に応じて違いがあります。1度捻挫と2度捻挫では、足関節を固定して安静にし、冷やしたり持ち上げたりして腫れを予防する応急処置をまず行います。その後、骨折や靭帯が切れていないと診断されれば、湿布をして包帯やサポーターで固定を行います。3度捻挫の場合は、上記の処置に加えて3〜6週間ギプスや装具で固定し安静を図ります。ギプスを外しても支障があれば、靭帯を再建する手術療法が選択される場合もあります。

足の症状

その他部位の症状