全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

肉離れについて

足関節捻挫足関節果部骨折(脱臼骨折)アキレス腱断裂O脚・X脚腓骨神経麻痺肉離れ外反母趾扁平足

肉離れの原因

肉離れとは、筋肉が伸ばされながら急激に収縮することによって、筋膜や筋線維の一部が損傷(断裂)することをいいます。原因としてはスポーツによるものが多く、筋力不足や運動前の不足、運動後のストレッチ不足、過去の損傷、筋力のアンバランス、急な気候の変化、体調不良、睡眠不足、オーバートレーニングなどによって起こりやすくなります。ほとんどが下肢に発生し、ハムストリングス、ふくらはぎ、大腿四頭筋に多く発生します。

肉離れの症状

肉離れの症状は、主に強い自発痛と損傷した筋肉部の動作時の痛みです。筋収縮は可能ですが、痛みのために動かすことができないケースもあります。また、断裂した部位の圧痛、抵抗痛やストレッチ痛もみられ、重症になると腫脹、硬結、断裂部の陥凹がみられます。典型的な部位は、ふくらはぎ(下腿二頭筋)の内側の中央上部と、大腿四頭筋、ハムストリングの部分断裂で、体重をかけると痛むので通常の歩行が困難になります。病態が進むと皮下出血がみられ、MRIで血腫を確認する場合もあります。

肉離れの治療方法

肉離れの治療方法としては、ほとんどの症例で保存療法が行われ、手術療法が選択されることはまずありません。受傷直後の急性期には、安静・冷却・圧迫・挙上のRICE処置を行います。受傷後約48時間を経過した後は、温熱療法や筋力訓練、各スポーツに合わせたトレーニングなどを行っていきます。軽症では2〜4週で復帰できますが、症状が中等度以上になると歩行が困難なため、ギプスや松葉杖が必要になることもあります。再発しやすいため、予防のためにマッサージやストレッチを行うことが大切です。

足の症状

その他部位の症状