全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

腓骨神経麻痺について

足関節捻挫足関節果部骨折(脱臼骨折)アキレス腱断裂O脚・X脚腓骨神経麻痺肉離れ外反母趾扁平足

腓骨神経麻痺の原因

腓骨神経麻痺とは、下腿を走行する腓骨神経が何らかの原因で損傷、断裂し、麻痺が生じる病気です。原因としては、長時間にわたって足を組む姿勢をとること、膝を曲げた姿勢をとること、硬い床の上で横向きに寝ること、ギプス固定で腓骨頭部が後ろから圧迫されるなど、腓骨頭部が外部から圧迫されることなどがあります。また、ガングリオンなどの腫瘤や、腫瘍、交通事故による開放創や怪我、腓骨頭骨折、外傷などによっても生じます。

腓骨神経麻痺の症状

腓骨神経麻痺の症状としては、自力で足首を曲げることができず、足指が下に垂れたままの状態(垂れ足)になり、靴下がうまく履けなくなります。また、下腿の外側から足背と第5指を除いた足背側にかけてしびれや感覚異常が生じます。垂れ足がない場合でも、歩くときに足を引っ掛けたり、サンダルが脱げやすくなったりといった症状がみられることがあります。右足の麻痺の場合は車のアクセルやブレーキを踏めなくなり、正座・和式トイレの使用不可など日常生活に支障をきたすようになります。

腓骨神経麻痺の治療方法

腓骨神経麻痺の治療方法としては、原因が明らかでなく、回復の可能性があるものはまず思い当たる原因を除去することを行います。症状が軽いしびれ程度で、足を組む、横向きに寝るなどの明らかな誘因がある場合は、生活習慣を改善するだけで症状が消えていく事がほとんどです。その他、足首の固定、リハビリなどの運動療法を行うこともあります。病態が進行していたり、骨折や脱臼などの外傷や腫瘤がある場合は早期に手術療法を行います。具体的には、病状により、神経剥離、神経縫合、神経移植、腱移行手術などが行われます。

足の症状

その他部位の症状