全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

半月板損傷について

変形性膝関節症半月板損傷膝靱帯損傷オスグッド病スポーツによる膝の慢性障害

半月板損傷の原因

半月板損傷とは、膝関節の左右にある内側半月板、外側半月板が何らかの原因で損傷し、断裂した状態をいいます。原因としては、スポーツや怪我などの外傷により膝にひねりがかかって生じるケースと、加齢でもともと傷つきやすくなっている半月に軽微な外力が加わって損傷してしまうケースとがあります。内側半月板はスポーツにより損傷することが多く、外側半月板は先天的に半月板の形が大きい場合(円板状半月板)に自然損傷するケースが多くあります。また、加齢により半月は変性するので、40代以上は少しの外力でも半月板損傷が生じやすくなります。

半月板損傷の症状

半月板損傷の症状は、初期の受傷で小さな傷の場合は、自覚症状がほとんどありません。受傷を繰り返すうちに亀裂が大きくなり進行すると、以下のような症状がみられることがあります。
・膝が引っかかったような痛みを感じる、持続的な痛みがある。
・膝に力が入らない感じがする。
・膝の曲げ伸ばしができない。(ロッキング)
・膝関節部が腫脹している、血腫がある。
・膝関節の中でコリっという音がする。(クリック音)

半月板損傷の治療方法

半月板損傷の治療方法としては、損傷部分の修復と安静が基本で、主に保存療法と手術療法に分けられます。保存療法としては、温熱療法やサポーターで固定するなどの処置が行われます。しかし、スポーツや日常生活に支障がある場合は保存療法の効果がない場合が多いので、手術療法が選択されます。手術療法としては、内視鏡を使った「関節鏡下郭清術」が多く行われており、破損した半月板を縫合あるいは切除します。半月板を除去しても日常生活にほとんど支障がなく、術後1〜2ヶ月で軽い運動なら行えるようになります。

膝の症状

その他部位の症状