全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

変形性膝関節症について

変形性膝関節症半月板損傷膝靱帯損傷オスグッド病スポーツによる膝の慢性障害

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症とは、何らかの原因で膝関節の機能が低下し、膝関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形が生じる病気です。明らかな原因がない一次性変形性膝関節症と、怪我や炎症などの後に生じる二次性変形性膝関節症とがあります。90%以上は一次性変形性膝関節症で、女性に多く、65歳以上に急増しています。変形性膝関節症の原因としては関節軟骨の老化が最も多く、その他肥満や遺伝などの素因も関係しています。また、二次性では靭帯や半月板損傷、骨折などの外傷、化膿性関節炎などの後遺症として発症する場合もあります。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の症状としては、初期には動作開始時の痛み、関節水腫(水がたまる)などがあります。進行すると、動作中も痛みを生じ、可動域が制限され、階段の上り下りや正座が困難になるなど、日常生活に支障をきたすようになります。末期になると、安静時にも持続的な痛みを感じ、変形が目立って歩行が困難になります。また、関節内に炎症が生じると、腫脹が起こって膝関節周囲が太くなり、その他にO脚、歩くときに外側にぐらつくなどの症状もみられることがあります。

変形性膝関節症の治療方法

変形性股関節症の治療法は、痛みをとり、膝が完全に曲がりきらない状態や伸びきらない状態を改善して、膝の機能を高めることを目指して行われます。
治療方法は、症状の進行度や痛みの程度によって異なりますが、薬物療法、温熱・冷却療法、運動療法の3つの療法が基本となります。これらの治療でも痛みが緩和されない場合に外科的療法を行います。

膝の症状

その他部位の症状