全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
《※受付時間 午前 11:45 / 午後 17:45》
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 25台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)について

頚椎椎間板ヘルニア頚椎症性神経根症外傷性頚部症候群肩こり五十肩(肩関節周囲炎)肩腱板断裂石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)反復性肩関節脱臼

石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)の原因

肩の筋肉に石灰(リン酸カルシウム結晶)が沈着していくことによる急性の炎症が原因です。30代以降の女性に多く見られ、加齢やホルモンの影響によって腱板が変成します。石灰は若いうちは牛乳のような濃厚な形状ですが、経年化するうち、ゲル状化し、最後には非常に硬くなります。この石灰膨張が痛みの原因となり、腱板から滑液包内に破れ出る瞬間、堪え難い激痛が襲ってきます。

石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)の症状

痛みは突然肩にやってきます。痛みは強くなり始めると数日間眠れないほどになり、肩を挙げることができなくなります。激しい痛みのため、肩の動きそのものが制限されるようになり、今度は筋肉の硬化が生じてきます(拘縮肩)。腕に触れるだけで激痛が走り、外傷がなく発作的な痛みの特徴が石灰沈着性腱板炎です。激痛は1週間から4週間続くことが多く、慢性の痛み(疼痛)が6ヶ月ほど継続するケースもあるため、五十肩と誤診されるケースがあります。

石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)の治療方法

レントゲン検査では、肩関節の腱板にしろいモヤモヤとした影(結晶)が写るため、炎症部分を特定できます。石灰による炎症を抑えることで痛みはほぼなくなります。通常は消炎鎮痛剤の投与、あるいは湿布薬(患部を冷やす)と安静に保つことで約一週間で完治します。診断によってはステロイド剤の注射を行いますが、劇的な効果が得られます。慢性痛の場合、あるいは症状継続の場合は関節鏡を使い、石灰を切除する方法も取られます。

首・肩の症状

その他部位の症状