全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

肩腱板断裂について

頚椎椎間板ヘルニア頚椎症性神経根症外傷性頚部症候群肩こり五十肩(肩関節周囲炎)肩腱板断裂石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)反復性肩関節脱臼

肩腱板断裂の原因

肩関節を安定させる筋肉、肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)の「腱」などが骨との摩擦で炎症を起こし、断裂に向かうことをいいます。インピンジメント症候群(滑液包に浮腫や出血が起こる)などのように過度な運動による摩擦で腱板損傷が増大し、靭帯が伸びて緩い状態になると、腱板が圧力に耐えきれなくなり、完全に断裂します。

肩腱板断裂の症状

主な症状としては、次の通りです。
・じっとしている時に肩の痛みが生じる
・仰向けで寝ているときに肩の痛みが生じる
・腕を挙げたとき、または降ろすときに肩の痛みが生じる
・新聞を持ったり、ドライヤーを使うとき、などに肩がだるくなり降ろしたくなる症状
・腕を挙げたとき、または下ろすときに引っかかり感が生じる、または音がする

などです。

また、急性断裂は転倒や、物の持ち運びで断裂音、激痛が走り、発症します。強痛は2,3週間続き徐々に落ち着きます。

肩腱板断裂の治療方法

腱板炎や部分断裂では、手術なしで治癒するケースが多くあります。消炎鎮痛剤の内服、理学療法と安静が必要です。ステロイド注射も効果的です。
滑液包炎の場合は、関節鏡下肩峰下形成術を行います。腱板断裂が大きい場合、腱板断端を上腕骨に縫合します。また関節鏡を併用し、骨の除圧は関節鏡で行い、腱板の修復は小切開を加えて行う方法(ミニオープン法)も非常に有効です。術後はリハビリにより、肩関節の機能回復に当たります。

首・肩の症状

その他部位の症状