全身の症状 首・肩の症状 腰・背中の症状 膝の症状 ひじ・手の症状 股の症状 足の症状
古賀整形外科医院のブログページ
診療時間
 
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 13:30-18:00
▲土曜は17:30までの診療となります。
休診日 : 日曜・祝日

リハビリ
午前 -
午後 - -

午前09:00-12:00 / 午後13:30-19:00
▲土曜は18:30までのリハビリになります。
牽引や電気治療などは12:00-13:30の間も行っています。

医院所在地 古賀整形外科医院の外観  

〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町2-6
駐車場 : 15台完備
西鉄大牟田線久留米駅 徒歩6分

疲労骨折について

運動器不安定症ロコモティブシンドローム痛風骨粗鬆症ガングリオン変形性関節症骨折小児の骨折しびれ疲労骨折

疲労骨折の原因

疲労骨折は、一度では骨折に至らない程度の力が、骨の同一部位に繰り返し少しずつ加わることにより発生する骨折です。
丈夫な針金でも繰り返し折り曲げ続けると折損してしまうのと似ています。
スポーツ選手では短期的に集中的なトレーニングを行ったときに生じることが多いのも特徴です。
選手側の要因としては、筋力不足、アンバランスな筋力、未熟な技術、体の柔軟性不足などが考えられ、環境側の要因としては、オーバートレーニング、選手の体力や技術に合わない練習、不適切なシューズ、練習場が固すぎたり、柔らかすぎるなどが考えられます。

疲労骨折の症状

症状としては、骨折部に腫れや痛みが見られます。身体を動かさない時は痛みは軽く、運動時に痛みがひどくなります。初期疲労骨折では、X線撮影では骨折状態はわからず、骨シンチグラフィーやMRI検査による異常が見つかります。
腓骨、脛骨で疲労骨折が見られる場合は、下腿に痛みを生じ、 舟状骨、中足骨では足の甲に痛みが出てきます。

疲労骨折の治療方法

治療法としましては、スポーツや激しい運動は禁止です。そして早期治療が大切になります。早期に治療に取り掛かれば、2~3週間の安静だけで痛みは収束します。骨折を起こしている箇所や症状の程度によりギブス固定、テーピング、弾性包帯が使用されます。

全身の症状

その他部位の症状